ポッコリおなか!さようなら

近年、肥満予備軍増殖中!

「最近ポッコリおなかが気になってきた」「健康診断で肥満予備軍と言われてる」

歳を重ねるごとに体形が気になってきますね。

40~50代のうち、女性では19.1%、男性では34.6%、男女をあわせて4人に1人は肥満とか!

※厚生労働省 平成25年国民健康・栄養調査報告:BMI 25kg/m2以上


男性に多い肥満タイプ
内臓脂肪が蓄積した体型(リンゴ型)
・内臓の周りに脂肪が蓄積する。      
・上半身に多く脂肪がつく。
・脂肪がつきやすく、減らしやすい。
女性に多い肥満タイプ
皮下脂肪が蓄積した体型(洋ナシ型)
・皮膚と筋肉の間に脂肪が蓄積する。
・下半身に多く脂肪がつく。
・脂肪がジワジワとつき、減らしにくい。
・二の腕やお尻等に脂肪がつきやすい

ポッコリの原因は内臓脂肪!?

肥満の主な原因は『体脂肪』

体脂肪は、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の二種類に分けられます。

内臓脂肪は、腸のまわり(腹部)に蓄積する脂肪で、ポッコリおなかの人は内臓脂肪型肥満と考えられます。

皮下脂肪は、皮膚の下に付いたぷよぷよの『つまめる脂肪』を指します。

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらが落としやすいか?
「内臓脂肪」です
内臓脂肪を落とすことが、ポッコリおなか改善となります

内臓脂肪を減らしたい!

★脂肪が蓄積しやすいけど、燃焼もしやすいのです。
内臓脂肪を落とす方法として

バランスのとれた食事を規則正しく摂る事

ウォーキングやゆっくりとしたジョギングなどの有酸素運動

バランスボールやピラティスなどで、インナーマッスルを鍛える

基礎代謝を上げることと、内臓脂肪減少効果のあるサプリメントをプラス

サプリを賢く取ろう

サプリは、しんぼう強く長くしっかり継続すること

毎日同じタイミングで摂る事を習慣が必要です

サプリは様々な種類がありますが、

今回オススメは多機能たんぱく質「ラクトフェリン」です。

多機能たんぱく質「ラクトフェリン」は人間の母乳や牛の生乳等に含まれ、

赤ちゃんの健康を支えているといわれています。

なんとさらに内臓脂肪を減らす効果があることもわかりました。
内臓脂肪を減らす為には、サプリをうまく利用することも有効な手段ですね。

食事、運動に加えてサプリを取り入れ、内臓脂肪を減らし、

ポッコリおなか解消を目指しましょう!